Top > その他 > 点景

点景

 
 

台風一過

  10年に1度と言われる大型で強い台風が関東をかすめて過ぎて行きました。 関東各地に大きな被害をもたらしました。
  台風一過、何事もなかったかのように青空が戻ってきました。
  • 青空が見え始める
    青空が見え始める
  • 青空が広がる
    広がる
  • きれいな夕焼け
    西空のグラデーション


キンモクセイ

  彼岸を過ぎても、このところ夏のような暑さが続いています。
  風の強い日も多く、キンモクセイの花も香りを散らしながら飛ばされていきます。
  • キンモクセイの花
    キンモクセイ
  • 吹き溜まるキンモクセイの花
    地面に落ち、集まる
  • 小さな手裏剣のような花
    小さな手裏剣のよう


南風に流され

  台風から変わった温帯低気圧が日本海側を駆け抜けました。
  強い南風を受けて、雲が飛ばされていきます。夕雲も入り乱れていました。
  • 不安げな空模様

  • 赤く燃える雲

  • 赤い雲、黒い雲、入り乱れる



秋を感じて

  9月。猛暑に慣れてしまったせいか、日中も過ごしやすく感じます。
  秋への移ろいを知らせる変化が見られるようになりました。
  • ヤマノイモ
    ヤマノイモ(8月末)
  • ツルボ
    ツルボ
  • クズ
    クズ


盛者代わって

  8月も中旬に入り、猛暑の日が続いています。蝉の声、入道雲、雷鳴など、夏気を押し上げます。
  百合の花咲く丘(正門入って左手)では、ヤマユリに代わってテッポウユリ(園芸種)が見頃を迎えています。
  • テッポウユリが群生

  • テッポウユリの花

  • テッポウユリの蕾



盛夏

  暦の上では立秋を迎えましたが、このところの不安定な天候から抜け出し、 ようやく夏らしくなりました。
  強い日差しを待っていたかのように、生き物たちの動きも活発になりました。
  • アブラゼミ
    アブラゼミ
  • セミの抜け殻
    空蝉
  • アゲハ
    アゲハチョウ


校内散歩

  休日の午後、校内をふらりと歩いてみました。
  プランターや花壇には、様々な花が咲いていました。   (中央のネジバナは、7月上旬の撮影)

  • プランター
    日頃の手入れの賜物
  • 中庭のネジバナ
    ネジバナ
  • 中庭に咲くユリ
    中庭に咲くユリ


鑑賞会を前に

 「ヤマユリの丘」鑑賞会を前に、ユリの花がたくさん開いてきました。

  • ヤマユリの丘のユリ
    ヤマユリの丘
  • 正門脇のユリ
    正門脇
  • 職員玄関横のユリ
    職員玄関横


白い花

 関東地方の梅雨が、平年よりだいぶ早まりました。
 紫陽花とはまた違う、それぞれの味わいを見せています。

  • ヒメシャラ
    ヒメシャラ(正門横)
  • タイサンボク
    タイサンボク(中庭中央)
  • クチナシ
    クチナシ(中庭)


紫陽花

 鉛色の梅雨空のもと、紫陽花が鮮やかな色合いを放っています。
 長雨で湿りがちな気分を和ませてくれます。

  • あじさい(その1)

  • あじさい(その2)

  • あじさい(その3)



 

 

Page Top