Top > その他 > 点景

点景

 
 

雲三題


 夏休みが終わった途端、残暑が厳しくなりました。
 立秋が過ぎ3週間足らず経ち、ようやく真夏がやってきたようです。
 浮かぶ雲も様々。真夏のもくもく雲、秋空のさらさら雲、綿のようなふわふわ雲。

  • 入道雲(出来始め)
     

  • すじ雲
     

  • わた雲
     

 

ユリ、ふたたび


 蝉の鳴き声が空気をジリジリと揺らす中、校内が再びユリでにぎわっています。
 「百合の花咲く丘」ではテッポウユリが花開き、中庭ではカノコユリが花をつけています。

  • テッポウユリ
     テッポウユリ

  • カノコユリ
     カノコユリ

  • 白いカノコユリ
     白いカノコユリ

 

暑中お見舞い


 暑中お見舞い申し上げます。
 恵みの雨を受け取れないまま明けてしまった梅雨。そして、力強い日差しの乏しい夏。
 それでも季節は進み、カノコユリは最後の輝きを放ち、蝉たちの声は大きく響いてきます。

  • 暑中お見舞い
     

  • カノコユリ
     

  • 蝉の抜け殻
     

 

カノコユリ咲く


 盛りだったヤマユリもしぼむものが出始め、カノコユリが咲きだしました。
 いまは、ヤマユリもカノコユリも見ることができ、目に嬉しいときです。
 ディジーも花開きました。

  • カノコユリ
     カノコユリ

  • ヤマユリ
     ヤマユリ

  • ディジー
     ディジー

 

プチ書道展


 職員玄関を入ると、3年生書道選択者の作品が掲げられ、プチ書道展のようです。
 正面の柱には「人生は 発気揚揚 待ったなし」。気合を高めて、全力で勝負!

  • 3年生書道選択者の作品
     

  • 3年生書道選択者の作品
     

  • 人生は 発気揚揚 待ったなし
     

 

紫陽花のころ


 平年並みの梅雨入りを迎えた今年、早くも中休みを思わせるような眩しい晴れ空を見せたり。
 着実なのは草木の成長の移ろい。校内のアジサイも鮮やかな色合いを浮かべています。

  • 中庭のアジアイ
     

  • ガクアジサイ
     

  • 昇降口横のアジサイ
     

 

鯉泳ぐ


 新緑の眩しい季節。百合高も若葉の光に包まれています。
 空を泳ぐ鯉のぼりがあちらこちらに、そして百合高の玄関にも。
 百合坂をゆらりゆらりと恋のぼり。

  • 桜の葉
     

  • 「恋のぼり」の句
     

  • 輝く新緑
     

 

春うらら


 ぽかぽかと眠気を誘う春うらら。
 寒かった日々にもさよなら。
 陽光をたっぷり浴びて、花たちがのびやかに咲いています。

  • ニワゼキショウ
     ニワゼキショウ

  • オダマキ
     オダマキ

  • シラン
     シラン

 

春嵐から一夜


 先日、木々を激しく揺さぶる風が吹きました。
 満開を迎えた桜。いくらか花びらを散らしたものの、たくさんの花たちが強風を耐え抜きました。

  • 嵐から一夜、春模様の空
     嵐から一夜、春模様の空

  • 擁壁に貼り付いた桜の花びら
     擁壁に貼り付いた桜の花びら

  • 多くの花が残りました
     強風を耐え抜いた桜花

 

春、春、春


 このところ、ようやく暖かな日が増えてきました。
 校内でもあちこちで、花々が遅かった春を伝えています。

  • ムスカリ
     ムスカリ

  • 桃の花
     桃の花

  • ハルジオン
     ハルジオン

 

満開


 気温の低い日が続き、開花から満開になるまで時がかかった桜。いま満開になりました。
 いましばらく目を楽しませてくれそうです。

  • 昇降口前の桜
     
  • ぎっしりと咲く
     
  • ほぼ満開の桜
     
 

 

 

Page Top