Top > その他 > 点景

点景

 
 

ユリ、ふたたび


 蝉の鳴き声が空気をジリジリと揺らす中、校内が再びユリでにぎわっています。
 「百合の花咲く丘」ではテッポウユリが花開き、中庭ではカノコユリが花をつけています。

  • テッポウユリ
     テッポウユリ

  • カノコユリ
     カノコユリ

  • 白いカノコユリ
     白いカノコユリ

 

暑中お見舞い


 暑中お見舞い申し上げます。
 恵みの雨を受け取れないまま明けてしまった梅雨。そして、力強い日差しの乏しい夏。
 それでも季節は進み、カノコユリは最後の輝きを放ち、蝉たちの声は大きく響いてきます。

  • 暑中お見舞い
     

  • カノコユリ
     

  • 蝉の抜け殻
     

 

カノコユリ咲く


 盛りだったヤマユリもしぼむものが出始め、カノコユリが咲きだしました。
 いまは、ヤマユリもカノコユリも見ることができ、目に嬉しいときです。
 ディジーも花開きました。

  • カノコユリ
     カノコユリ

  • ヤマユリ
     ヤマユリ

  • ディジー
     ディジー

 

プチ書道展


 職員玄関を入ると、3年生書道選択者の作品が掲げられ、プチ書道展のようです。
 正面の柱には「人生は 発気揚揚 待ったなし」。気合を高めて、全力で勝負!

  • 3年生書道選択者の作品
     

  • 3年生書道選択者の作品
     

  • 人生は 発気揚揚 待ったなし
     

 

紫陽花のころ


 平年並みの梅雨入りを迎えた今年、早くも中休みを思わせるような眩しい晴れ空を見せたり。
 着実なのは草木の成長の移ろい。校内のアジサイも鮮やかな色合いを浮かべています。

  • 中庭のアジアイ
     

  • ガクアジサイ
     

  • 昇降口横のアジサイ
     

 

鯉泳ぐ


 新緑の眩しい季節。百合高も若葉の光に包まれています。
 空を泳ぐ鯉のぼりがあちらこちらに、そして百合高の玄関にも。
 百合坂をゆらりゆらりと恋のぼり。

  • 桜の葉
     

  • 「恋のぼり」の句
     

  • 輝く新緑
     

 

春うらら


 ぽかぽかと眠気を誘う春うらら。
 寒かった日々にもさよなら。
 陽光をたっぷり浴びて、花たちがのびやかに咲いています。

  • ニワゼキショウ
     ニワゼキショウ

  • オダマキ
     オダマキ

  • シラン
     シラン

 

春嵐から一夜


 先日、木々を激しく揺さぶる風が吹きました。
 満開を迎えた桜。いくらか花びらを散らしたものの、たくさんの花たちが強風を耐え抜きました。

  • 嵐から一夜、春模様の空
     嵐から一夜、春模様の空

  • 擁壁に貼り付いた桜の花びら
     擁壁に貼り付いた桜の花びら

  • 多くの花が残りました
     強風を耐え抜いた桜花

 

春、春、春


 このところ、ようやく暖かな日が増えてきました。
 校内でもあちこちで、花々が遅かった春を伝えています。

  • ムスカリ
     ムスカリ

  • 桃の花
     桃の花

  • ハルジオン
     ハルジオン

 

満開


 気温の低い日が続き、開花から満開になるまで時がかかった桜。いま満開になりました。
 いましばらく目を楽しませてくれそうです。

  • 昇降口前の桜
     
  • ぎっしりと咲く
     
  • ほぼ満開の桜
     
 

桜、開花


 この春は暖かな日が少なく、春の到来をなかなか実感できませんでした。
 百合高の桜は3月21日に開花しました。その後、あっという間に花数を増やしています。
 正門横の紅梅は、桜の開花を待っていたようです。

  • 花開いた桜
     花開いた桜

  • 桜の蕾
     蕾も大きくふくらんで

  • 紅梅も花を保っています
     花を保つ紅梅

 

タンポポ


 寒暖を繰り返す頃になり、タンポポが綿帽子をつけました。
 ロゼットでしっかりと地面をつかみ、少し高くなった春の光を受け止めています。
 すでに綿毛をほとんど放ったものも・・・

  • タンポポの綿帽子
     綿帽子

  • タンポポの花
     春の光を浴びて

  • 綿毛がわずかに残る
     綿毛がわずかに残る

 

春告草


 卒業式の演台に飾られていた花が、いまは職員玄関に華やいだ光を添えています。
 そこには、春告草(梅の花)の句もありました。

 寒さ耐え 春告草の 凛々しさよ

  • 卒業式演台に飾られていた花
     卒業式演台に飾られていた花
  • 春告草(梅の花)の句
     春告草(梅の花)の句
  • 職員玄関に貼られた梅の花の写真
     梅の花と式の花
 

節分


 厄除けと 言われ減らせぬ 豆の数
 子どもたちにとって楽しい豆まきでも、年を重ねると、豆を前に怯みます。
 節分を過ぎ、正門横・中庭ともに、紅梅も花開き始めました。

  • 正門横の紅梅
     正門横の紅梅
  • 節分
     節分
  • 中庭の紅梅
     中庭の紅梅
 

寒中お見舞い


 寒さもいよいよ本格的。寒中お見舞い申し上げます。
 職員玄関には福を招くだるま。2年生書道の干支創作作品が彩りを添えています。

  • 2年生書道の干支創作作品
     干支創作作品
  • 招福だるま
     招福だるま
  • 2年生書道の干支創作作品
     干支創作作品
 

寒中


 1月も半ばになり、空気がキンと凍る日もあります。
 正門わきではスイセンが見頃を迎えています。中庭では梅の花が開き始めました。

  • 正門横のスイセン
     スイセンが見頃
  • ふくらみ始めた梅の蕾
     ふくらみ始めた梅の蕾
  • 開花した梅
     なかには花開くものも
 

スーパームーン(2度目)


 
  •  11月14日、スーパームーンが観測されました。 そして、昨日(12月14日)は今年2度目のスーパームーンでした。
     1度目は天候に恵まれませんでしたが、今回は夜中には見ることができたようです。皆さんはいかがでしたか?
     (写真は1日後の12月15日19時頃のものです。)

  • 渡り廊下の上の顔を見せた月
     渡り廊下より東を望む
  • 少し欠けはじめた月
     少し欠けはじめた月
 

師走に入り


 師走に入り、あちこちから年の瀬の慌ただしさが伝わってきます。
 サクラやモミジも葉を落とし、冬支度を始めています。

  • 桜の葉
     サクラ
  • 銀杏の葉
     イチョウ
  • イロハモミジの落葉
     イロハモミジ(落ち葉)
 

初雪


 観測史を塗り替えた昨日の初雪。百合高でも積もりました。
 木々の枝も雪化粧。グラウンドはモノクロームのグラデーションです。
 真冬並みの寒気が身体の央まで刺さります。

  • 柿の木の枝に積もる雪
     柿の木
  • イロハモミジと雪
     イロハモミジ
  • グラウンドに積もり始めた雪
     グラウンド
 

紅葉


 校内の木々も足早に葉の色を変化させています。
 百合の葉は黄みを、ガクアジサイの装飾花は赤みを深めています。

  • ニシキギ
     ニシキギ
  • 百合の葉は黄色く
     ユリ
  • ガクアジサイの装飾花は赤く
     ガクアジサイ
 

 

 

Page Top